​アグリコ 
​ファーム

​AGRIKO FARM 

​AGRIKO FARM桜新町 

154-0014 東京都世田谷区新町3‐23‐8 3F屋上

DSC06133-2.jpg

​竹害対策型アクアポニックス

水耕栽培と水産養殖のシステムを合わせ持ち、

環境にやさしい農業として

世界でも注目されている「アクアポニックス栽培」を導入した

循環型の屋上ファームです。

農福(農業×福祉)/アクアポニックス/AGRIKOとしての取り組みを含め

SDGs17項目全てと親和性があります。

栽培設備部分には

竹害に悩む地域から竹を譲り受けて活用し、

明治大学 理工学部 建築学科

地域デザイン研究室

富澤徹弥研究室

光永威彦研究室の皆さんに

ご協力いただいて設計施工しています。

魚の食べたエサの残りや排泄物は、

バクテリアが分解すると植物の栄養になります。

そして、植物が栄養を吸収することで

水が浄化されキレイな水が水槽に戻ります。

アクアポニックスは魚と野菜どちらも同時に育てられますが、

魚が多すぎると水が汚れてしまったり…

と、難しいのはバランスです。

魚、バクテリア、野菜、

みんなが元気に過ごせる共生環境を作るという、

まるで小さな地球のようなシステムなのです。

IMG_2037.PNG
DSC05992.jpg

AGRIKO FARM では、

リーフレタス/サラダ小松菜/水菜などの

葉物野菜の栽培と、

生命力が強く味わいが

「鯛」に似ていることで注目されている

イズミダイの養殖を行います。

野菜は、農薬/化学肥料不使用、

魚も抗生物質などは使いません。

基本的には、過保護に育てず、

自然環境に少しだけお手伝いする形で

栽培しています。

DSC05931.jpg

栽培モニタリングシステム

農園に設置されたカメラや

農業用ロボットにより

撮影された写真や映像をモニタリングが可能です。

遠隔地から植物の育成状況や

魚の様子を観察をしたり、

農園との音声コミュニケーションが

できることによって、

365日休みがないと言われる農作業も

今までより少し楽になります。

IMG_2046 (1).PNG
IMG_2044.JPG
220405_YN_00194 A.jpg
220405_YN_00194 A.jpg

FARM to TABLE

栽培した野菜は、

1FのOGAWA COFFEE LABORATORY 桜新町にて

4月下旬よりランチコースの一部として提供開始。(魚は生育中!)

朝収穫されたばかりの瑞々しくて柔らかいお野菜が

そのままテーブルに...!

FARM to TABLEを世田谷で体験いただければと思います。

〈内容〉

前菜/スープ/メイン/パン/デザート/ドリンク

  

※収穫状況により提供できかねる場合もございます。

AGRIKO FARMパートナー

IMG_2038 (1).PNG

​運営協力

​「小川珈琲株式会社」

Read More >
IMG_2039.PNG

​クリエイティブディレクション

​「DRAWING AND MANUAL」

Read More >
IMG_2041.PNG

​コミュニティデザイン

​「株式会社mokumoku」

IMG_2045 (2).PNG

PR

​「株式会社TANK」